×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シーハットミュージカルvol.4
ファンタジーミュージカル「具足玉伝説」
(2006年3月18・19・21日)

あらすじ

これは古代のお話です。具足玉(そないだま)の国を遠く離れた東の国で、激しい戦いがくり広げられています。
海の国の民カイトと山の国の民タイチは、負け戦の戦場を逃げ出し西にあるふるさと具足玉の国をめざします。
途中でカイトは傷つきますが、二人は天女のように舞いおどる旅の一座のイザナミたちに助けられます。

そのころの具足玉の国は海の国と山の国に分かれていました。この国には国や民を守る三つの宝玉(具足玉)が古くから伝わっていました。
タイチは山の国にもどりみんなを説得し、山を切り崩し木を売って豊かな国をつくりました。
一方海の国は貧しいままで不漁がつづいていました。
そこへイザナミの勧めで鯨捕りの技術を学んだカイトが帰り、捕鯨で国はみるみる豊かさを取りもどします。

ある日、カイトは市場で幼なじみのタイチの妹ミナヅキと再会し、心を通じ合わせ愛し合う様になります。
タイチとカイトの活躍で繁栄をきわめた山の国でしたが、やがて山は荒れて作物が育たなくなり雨も降りません。
むかし仲のよかった二つの国にも喧嘩が起こるようになり、対立がつづきます。

そんな折、ミナヅキは三つの具足玉と山の国の危機を救うために、山の龍神様に生け贄となり、自ら命を捧げる決心をします。
果たして三つの具足玉と二つの国の運命は?カイトとミナヅキの恋の行方は?三つの玉にまつわる親子鯨の秘話とは?